学べばもっと好きになる、楽しくなるイベントまんがの種

11月8日(水)、デジタル作画用のソフト「CLIP STUDIO」を使った、

『デジタルまんが講座~コマ割り編~』

を開催しました。

この講座では、デジタル漫画でのコマ枠の作成方法を学びました。

それではイベントの様子を見てみましょう。

今回は、小学生、中学生、社会人の合わせて3名が参加してくれました。ありがとうございました。

まずは、テキストに沿ってコマ割りについて勉強します。

 

事前に予備知識があると理解度が上がるため、参加者にはまず「自然と読みやすいコマ割りのコツ」をスタッフが説明しました。その後、いよいよ「CLIP STUDIO」の『コマ枠ツール』を使った実践に入っていきます。

 

今回勉強したのはざっくり分けて4種類のコマの作り方です。

▼まず、一番よく目にする四角のコマ枠の「作り方」…長方形コマ枠というサブツールを使います。

▼次に丸いコマ枠の「作り方」…長方形コマ枠を応用し、簡単に作る方法を学びました。

▼変わった形のコマ枠の「作り方」…コマ枠ペンというサブツールを使い作りました。

▼最後にコマの「割り方」…枠線分割というサブツールの使い方を学びました。

 

説明が終わったら、用意した課題を使って実際にコマを割っていきます。コマ枠の太さやコマとコマ同士の隙間の間隔など、しっかり確認しながら作業を進めます。

▲上手!

 

お手本と同じ枠になるまで、何度もやり直します。

▲分からない所はスタッフの説明を受けながら、制作していきます。少人数の講座ならではの強みです。

 

最後に自分でコマを割ってみました!

▲喧嘩をしている女の子の漫画です。読みやすい漫画になっています!💮

 

少し難しい内容の講座でしたが、イベントを終えた参加者からは「練習すればできそう!」と前向きな感想が聞かれました。

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。今回学んだことを使って、どんどんデジタルで漫画を描いてみましょう。


次回のまんがの種は12月13日(水)開催します。

テーマは…

デジタルまんが講座~トーン編~!

服の柄や効果線などに使われる『トーン』。その種類と役割、

デジタルでトーンを貼る方法伝授します。

小学4年生以上が対象で、募集定員は4名。先着順なのでお早めにお申し込みください。

HP、X(旧Twitter)、Instagram、Facebookなどでも情報発信をしておりますのでチェックしてみてくださいね。

👇

▶X(旧Twitter)

▶Instagram

▶Facebook